今日からお手軽に水素入浴。あなたのお肌がしっとり、ツルツルに!お家でかんたんエステ! 自動洗浄機能付きでお手入れ簡単な最新型水素水サーバー 忍者ブログ
Admin / Write / Res
髪の毛に関する悩みはたくさんあります。その中でも女性にも多い円形脱毛についてまとめてみました。 女性の円形脱毛、円形脱毛の悩み、円形脱毛の予防など・・・
[1]  [2]  [3]  [4
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


iPS細胞の研究は盛んで、世界初のクローン羊を誕生させたイギリスの大学でも、その研究に着手しています。
まず、iPS細胞のメリッとして挙げられるのは、倫理的な問題が少ないということが指摘されています。
既に分化した体細胞から作れるのがiPS細胞のメリットで、患者本人の細胞から作ることができます。

iPS細胞の研究は、受精の瞬間を人の誕生と捉えているイタリア人でさえも推進しています。
日本でもES細胞研究は、厳しく制限されていて、iPS細胞と違ってかなり敬遠されている状況です。
iPS細胞の場合、皮膚細胞などから作成できるので、倫理上の問題はかなり少ないというメリットがあるのです。
患者本人の遺伝情報をもたないES細胞は、拒絶反応が避けられないので、これはiPS細胞ならではのメリットと言えます。
患者本人の細胞から作成することができるiPS細胞は、拒絶反応の心配がないという大きなメリットがあります。
そんな中、iPS細胞は、そうした障壁を乗り越えることができるメリットを有しているのです。
期待できるメリットとしては、iPS細胞を駆使することで、心臓や肝臓などの臓器を丸ごと取り替えることができることです。





PR

iPS細胞の実用化に向けては、臍帯血の提供者から同意を取り直す、再同意が必要になってきます。
iPS細胞を利用すれば、同性の間でも子供を作ることができると言われていますが、実用化はまだ夢の段階です。
今後も色んな分野でのiPS細胞の活躍が期待されますが、実用化に向けては、慎重な対処が必要です。
一方、再生医療におけるiPS細胞が実用化されると、必要な細胞にして移植することができるようになります。
山中教授は赤ちゃんのへその緒に含まれる血液の臍帯血からiPS細胞を作ることを検討しています。
臍帯血はiPS細胞の実用化に向けて、まさに理想的な材料で、そのためには備蓄が必須なのです。
京都大の山中伸弥教授が開発したiPS細胞は、再生医療の実用化に向けて、今、その構築が期待されています。
iPS細胞の実用化のために備蓄が必要なのは、体細胞から細胞を作製して治療に必要な細胞を作るには約半年かかるからです。

iPS細胞を実用化するには、臍帯血が必須ですが、備蓄することに対する具体的な指針がまだ定められていません。
そして、難病患者の細胞を集めて、創薬などに生かす取り組みが、iPS細胞では積極的に行われています。





スポンサーリンク


ブログ内検索
カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
バーコード
Copyright ©  円形脱毛になったらどうするの? All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]